金型を利用した部品はアルミ加工で強くなる~原料ガイドブック~

作業員

機械の動力源

女の人

機械には、何かの目的のために動く本体があって、その動きを可能にする動力源がある。これが単純な仕組みですが、その「動力源」の種類によって、どうやって動くのか。ということについて「さまざま」なことが言えるのです。

回転する接続部

ヘルメット

ロータリーコネクターという部品を、手にとって見てみましょう。コネクターという部品自体は、それほど珍しいものではありませんね。ケーブルの先に取り付けてあって、機械の穴に挿しこむための出っ張りがある金属製の部品です。

活躍の場

笑顔

金属の材料を、トンカントンと金型による加工で形を整え、それで出来上がるロータリーコネクター。この部品がどんなところで活躍しているのか、理解しておくと良いでしょう。

ある部品の話

スマイル

様々な機械があらゆる現場で活躍しています。たとえば、回転などしていますね。「回転」というのは機械の動きの中でも基本動作のひとつに入るものです。今回は、それを支える「ある部品」について見てみたいと思います。そして、その部品が出来上がるまでの過程についても。いわゆる、「部品加工」と呼ばれているものですね。その部品加工には、「金型」というものが使われます。この「金型」は、部品加工の中でも特に「金属部品」を作り上げるためのものです。と、こう書くと、「ある部品」というのが金属部品であるのだなということは分かると思います。ではその金型によって加工される部品とは何なのか。機械の「回転」というものを支えるこの部品の名は。ズバリ書きましょう、それはロータリーコネクターです。「ロータリーコネクター」というくらいですから、この部品は機械の中でも特に「コネクト」つまり「繋ぐ」というところに関係している部品だと言えます。では、次の記事から詳しく見ていこうと思います、ロータリーコネクターという部品について。その部品加工で行われる「金型」ということについて。ロータリーコネクターによってコネクトされているものについても、どこかでご紹介しましょう。

こうした金型を利用した部品の場合、アルミ加工が施される場合も多くあります。アルミ加工をすることによって強く耐久性のある部品へと変わるのです。部品は特に工場の機械などに欠かせないものとなっています。加工技術や活躍の場について理解しておくと良いでしょう。